我愛西安 観光と生活情報

西安駐在 中国旅行記

 ヤオトン団地 

ここは黄河沿い 山西省運城市平陆県 

黄土高原に ヤオトン団地が

山崖にもヤオトン団地

ヤオトンのお店屋さん

二世帯住宅 父母は都会に出稼ぎに行き

祖母とふたりで 留守を守る中学生の明明〜

77歳のおばあちゃんはとっても元気!

厳しい自然から人々を守った窰洞 夏涼しく 冬暖かい

おじいさんは若きし頃は紅軍として国を守ったと自負していた 

毛沢東と共に文化大革命を成し遂げた誇り

歴代の党の指導者を尊敬し

ヤオトン団地は 共産党と共にいきていた・・・


今日の西安 曇のち小雨 27℃〜15℃

上海に来ています。万博に向け工事が急ピッチ

外灘を散歩 

あ!偽タバコ売りだ! 〜こらーなに撮ってんだ!

カメラをよこせ!〜 逃げろー タバコは正規品じゃあないとね

煙草屋の何君の父さんに言いつけてやる!

愛溢れるヤオトン 過酷な出稼ぎ労働

誘拐が続き 連れられてきた場所は 山西省レンガ工場

一斉摘発に取り組んでいるが 強制労働は後を絶たない

広大な黄土高原にある無数の工場を監視するのは

至難の業だ


馬が 目一杯の力を出し石炭を運んでいた

乾いた黄土高原 一滴の水も粗末にできない

孫をのせて 水と肥料を運ぶ 背にロープがくい込んで

声をかけると 笑顔で応えてくれた 

人間は 愛する人のために なんて強いんだろう

あなたを 守りたいから みんな精一杯生きています。

愛しの黄土高原

乾いた大地に ヤオトンが立ち並び

みんな 家族を守ろうと必死です。

内陸から都市部へ 労働者が出稼ぎに

運悪く 広東省の工事現場で命を落とした夫

それでも家族は悲しみを堪え

あなたが 笑顔を取り戻すために頑張っていました。


今日の西安 天気は曇一時雨 気温19℃〜32℃ 
このブログは沿岸部、都市部の人から見ると
違和感があるかもしれません。私はひとり、此方から見つめて・・

あなたの街で働く打工は 愛する人を故郷に残し必死に働く

愛溢れるヤオトンが帰りを待っていました。

 ・・・コメント不可・・・

市内のヤオトン遺跡 夫を待ちわびて 

西安市内 窰洞(ヤオトン)遺跡を知る人は 殆んどいない

市内の一大観光地 大唐芙蓉園から車で10分の場所に

唐代の 寒窑遺跡   ・・この場所はゲイさんしか知らなかった

素朴な展示部屋に 詳細が書かれていた

都の長安 一大文明が栄え 贅をつくし権力を誇示するため
次々と皇帝の宮殿が造られていた ・・・その影で洞窟で暮らす

一本の川を境に 極楽と耐え忍ぶ生活に分かれた

川の水さえ権力者に独占され 深く井戸を掘り 耐え忍ぶ人たち

煉瓦で補修されたが 元々は深い穴だけ残っていたそう

苦労し得た深井戸の水 三姐の泉とし 甘い味がする ・・

・・思夫亭・・ 戦国兵士として召集され行方不明 生死さえわからない夫 

18年間 待ち続けていた妻の物語   
伝説だと思われていたが 遺跡が発見され実在の人物だったことが。

飢饉に耐えたヤオトン生活 ひたすら帰りを待つ姿が復元されていた

張学良とともに西安事件を主導したことで知られる楊虎城

楊の母親が 愛国軍人妻の手本とし発掘保存に力を注いだ。 楊虎城の母像

愛する人の元へ 籠に揺られて嫁いだ

夫に一途に会いたかっただけ・・ 願いは叶い

戦果をあげ18年ぶりに帰った夫の腕の中で安らかに眠りについた。

小さな寺があり 線香に絶え間なく火が灯されて

健気な女性に憧れ

観光客は男性ばかりでした・・。

西安市長安区 寒窑遺跡 入場料10元 ヤオトン住宅は現在も使用中です。


今日の西安
・・初雪・・  最高気温1℃ 最低−3℃ 

植林された木々に 雪の恵みが!!  

 砂漠のヤオトン 蘇る道教

陝西省楡林から米脂に向かう途中  あ!あれはなんだろう・・・

荒地の小さな村 農作業をしているツェンさんに尋ねました


「村にお客さんがくるなんて珍しいね。」 次々人が集まって


道教寺はおじいさんが生まれるずっとずっと昔から村に君臨していた

文化大革命で被災・・・そんなことはもうどうでもいいと 

再建されこの村を守ってくれているから・・・

「おかげで村の生活も向上しているんだ」とヤオトンの中を見せてくれました。

電化製品は殆んど揃って 天然の日差しでお湯が沸く

そしてシルクロードの証 日本に伝わった白菜のお漬物が

ほんの一瞬の出会いに何故か懐かしさに満ち溢れました。

車が見えなくなるまで・・いつまでも見送ってくれた・・・・

そしてずっとついて来た野良犬のちび 

また会おうね!


偶然が重なる・・・西安郊外で偶然みつけた道教寺
あ!また見えてきた・・・・

・・・今日の西安・・・
秋晴れ 最高気温14℃
上海に出張中の夫が今晩戻ります。
お土産は日本食!カレーが食べれる!!味噌味噌!!

とうもろこしロードをゆく

陝西省 関中平野 胃河流域一体
周、秦、漢王朝 隋唐王朝の首都 

胃河の南は長安 北に面しているのが咸陽
広大な穀倉地帯トウモロコシを乾燥するため道々に

シルクロードを遮る トウモロコシロードをゆく

秦の都咸陽 人知れない遺産分布、この地を廻ることに
黄土高原に4000年以上の歴史を誇るヤオトンを訪ねました。

夏は涼しく冬は暖かい 地震にも耐えた。

先祖が守り伝えた自然の理に逆らわない生活

中国共産党と共に歩んだ民族の誇りが溢れる

壁に飾られた毛沢東 一緒に成し遂げた文化大革命

紅衛兵だった昔を懐かしみ 当時の話を聞かせてくれた

帰り際 土産に持たす物がないからと柿をもいでくれ

・・・ほんのり甘い柿を頬張り・・・・

ー今日の西安
咸陽とも雨 気温15度 夕方からお日様が顔を出して 明日は晴れか!
  次回は中国共産党 紅色模範村を